交通事故に遭ったら

時間が経っても歪みがそのままであれば体はますます辛くなります

全身治療で後遺症を残さないケアを!|福岡市西区交通事故治療むちうち.com

多くの患者様は「むち打ちの診断を受けたら首を治療する」「腰椎を損傷したら腰を治療する」といったような部分的に施術を想像されているようですが、実は負傷した部分をかばう形で身体全体がダメージを受けている場合がほとんどです。

また、病院や整形外科では一番痛む部分だけに焦点を当てて治療しますが、交通事故によって全身が負傷しているため、特に痛む部分と同様にその他の部分や全身のバランスに注目して調整していくことが、本当の回復につながります。

そのため、福岡市西区交通事故治療むちうち.comでは独自の施術プログラムで骨格・筋肉を調整し、また関節へのアプローチによってお身体全体のバランスを整えます。そして、その後の『後遺症を残さない身体づくり』を目指してリハビリを含めたトータルサポートを提案いたします。

交通事故後の「むちうち」「吐き気」「頭痛」「めまい」「しびれ」などの症状でお悩みの方は、福岡市西区交通事故治療むちうち.comまでご来院ください!

交通事故に遭ってしまったら?|福岡市西区交通事故治療むちうち.com

1.事故に遭った場所で、勝手に損害賠償金などの話をしない!

車をぶつけられて驚いている女性事故に遭った時は、突然の事で興奮状態になっていることもあり、お互い冷静な判断をすることが難しい状態です。

特に加害者側から、示談交渉や損害賠償などの話を持ちかけられても、署名や捺印、念書などを書かないよう注意が必要です。

事故後は必ず当人同士で解決してしまわず、警察に届け出、専門家に相談しましょう。

2.病院・整形外科での検査を受ける

病院で診察を受ける様子交通事故のあと数日たってから痛みや症状が出ることが多いため、小さな事故で自分では「どこにも異常がない」と思う場合でも、医療機関でレントゲンなどの診察を受けましょう。

もしもそのまま大丈夫だと放っておいて、後から体の異変に気がついても、治療やリハビリが長期化するだけではなく、自賠責保険が適用されなくなってしまう事にもなります。

交通事故に遭ったら、必ず病院を受診するようにしてください。

3.保険会社に連絡する

車の運転中に事故に遭う男性保険会社への連絡が遅れると、受けるべき保障の対象外になってしまうこともあるので、交通事故に遭ったら被害者でも加害者でもまず、保険会社に連絡することが必要です。

その際、どの病院に通うのか、どのような保険が適用されるのか等のコミュニケーションをしっかり取り、無断で違う病院に変えたりしてしまわないように注意しましょう。

4.警察に連絡する

警察官交通事故に遭ったら、警察に届け出て『交通事故証明』を発行してもらいましょう。

この『交通事故証明』は保険金を請求する際や事故の後の処理のための様々な場面で必要になってきます。

加害者は事故を起こした際、届出をする義務がありますが、被害者も必ず被害届けを出すようにしてください。これを怠り、示談成立や物損事故として処理されてしまうと後々に病院や整骨院に通院した際の治療費が請求できなくなったりといったトラブルが起こりかねませんのでご注意ください。

5.加害者の所在確認をする

事故の様子を説明する男性事故に遭った際、気が動転していることとは思いますが、被害者の方は加害者の免許証や自賠責保険などを携帯カメラで撮影させてもらう等して身元を控えておきましょう。

最低限、名前・電話番号・住所・車種ナンバー・会社の連絡先などの情報を収集しておいてください。

6.書類・領収書などは厳重管理する

領収書を持った男性治療にかかった費用やタクシー代などの領収書は必ず保管しておきましょう。

その他、事故に関する書類・証明書などは厳重管理し、完治した後も一定期間は保管しておくようにしてください。

7.目撃者がいたら連絡先を聞く

顔面蒼白の女性事故に遭われた際に覚えておいて頂きたい最後の一つは、近くに目撃者はいないか?ということです。もし、近くに事故を目撃した人がいた場合は、その方の連絡先も聞いておきましょう。

もし加害者の場合は、被害者の救助を第一にすることが大切ですが、目撃者がいた場合は、できる限り連絡先を交換しておくようにしましょう。

また、被害者も加害者もできるだけ多くの情報を残すことを心掛け、現場の状況を携帯のカメラやムービーに収めておくこと等をお勧めします。