病院・整形外科と整骨院の正しい通院方法

整骨院は病院じゃない。でも、厚生労働者から許可を受けてむち打ち治療ができます。

MRI・レントゲンでは見つからないお身体の異常|福岡市西区交通事故治療むちうち.com

交通事故に遭われると、病院の整形外科に行くのが普通だと考える方が大半だと思われます。

整形外科では、レントゲンやMRI等の検査と、痛みに対しての注射や湿布を処方されますが、骨が折れていたり、ヒビが入っている等の場合はレントゲンで確認することができますが、その他の筋肉部分や神経の損傷に関しては発見してもらいにくく、「痛みがあるのにどこにも異常がない」といった診断をされてしまいます。

痛みに対しては仕方なく湿布や痛み止めを服用することになるのですが、これはその場しのぎの対処法であって、根本的な治療ではありませんし、長期にわたる薬の服用によって、さらなる不調を招くという結果になってしまっていることも少なくありません。

福岡市西区交通事故治療むちうち.comでは、交通事故によるお身体の異変を早期に発見し、早期回復を目指して、根本的な改善につながる施術で健康なお身体にもどすお手伝いを致します。

交通事故後の不調がある方は、小さな症状でも是非ご相談ください。

 

整骨院と整形外科の上手な併用方法|福岡市西区交通事故治療むちうち.com

福岡市西区交通事故治療むちうち.comでは、患者様に整形外科での役割と整骨院での役割をしっかりと理解して頂き、併用して通うことによってより早い回復を期待できると考えております。

特に、レントゲンでは異常が無いのに改善されない不調や痛みがある方は、当院にお任せください!

以下は、「交通事故の直後」と「骨折後のリハビリ段階」と「むちうち・腰痛」による通院方法です。

1. 交通事故の直後の通院

交通事故による痛みがある際は、まず整形外科に通院し骨折や靭帯損傷などの有無を確認していただくことが大事です。ご自身の痛む箇所を伝え、レントゲンなどの検査をしてもらうようにしましょう。

2. 骨折後のリハビリ段階での通院

骨折などの診断が出た場合は、整形外科で経過をみながら通院することが必要となります。また、ギプスが外れた後もリハビリが必要です。
福岡市西区交通事故治療むちうち.comで行う骨折後のリハビリは、施術に加え、ストレッチ・筋力トレーニングなどのサポートをしていきます。整形外科との連携で経過を診ながらリハビリを併用していきましょう。

3. むちうち・腰痛

整形外科でむち打ちや腰痛などの診断を受けた場合も、湿布薬や固定器具だけでなく、整骨院での施術を利用していただくことをおススメします。

むち打ち・腰痛は慢性化して後遺症を残す可能性が高い症状のため、しっかりとケアしていき定期的に整形外科を受診してお身体の状態を診ながら治していくことが必要です。